PHOTON

スマート太陽光発電遠隔監視システム 今こそ売電利益最大化を目指せ!

 
Group 21.png
 
 

大量なデータを回しても、スピードは落ちない

大量かつ分散された太陽光発電所から、発電所ごと1分間に50㎅という膨大な資料が注入され、月日が経つと、殆どの遠隔監視システムはスピード落ちやデータ喪失の問題を抱えている。PHOTONではシステムのデザイン上、業務データとタイムリーデータを個別に処理し、クライアントごとに独自のスペースを配分する。更に仮想化技術で拡張性を高め、発電所数に関わらず効率的な処理とスムーズな操作を可能に!

資產 1.jpg
 

同一ケーブルに多メーカーのパワコンを接続可能體

他メーカー・他モデルのパワコンに入れ替えても、元のケーブルとデータロガーをそのまま使用でき、しかも、Web上で設定変更するだけで、データを一切喪失することなく切り替えられる!

資產 2.jpg
 

通信切れでも、後で確実に復旧 

資產 3.jpg
 

洗練された制御画面で即時データの視える化を実現

  • 図面に合わせた即時発電情報の表示で、稼働状態は一目瞭然。

  • 監視カメラを用いた高圧システムの安全確保も可能(特注扱い)。

  • 発電効率の動向をヒイトマップで分かりやすく表示する。

screenshots.png
 

たった3ステップで手軽に設置!

laptop.png

1. Web画面で発電所情報の入力 

  • 基本情報:住所、高圧システム、単線結線図、配置図

  • 会計情報:建設コスト、予想発電量、売電価格など

  • 接続設定:装置とロガー間の接続情報

 

2. ロガーのネット接続設定を入れる

  • 接続設定: IPアドレス、Port、タイムゾンなど

  • インターネットに繋いでからすぐ,クラウドサーバーとの通信開始。

logger.png

3. 現地設置は配線を繋ぐのみ!

cell.png
  • ネット及びRS-485通信回線の接続

  • ロガーの接続状態をモバイルで確認